再発性の高いヘルペスは、いつ再発するかわからない点も怖いところです。再発を防止するためにもバルトレックスを手元に置いておきましょう。

  • ホーム
  • 突起の分泌物から陽性反応が出ればバルトレックスを

突起の分泌物から陽性反応が出ればバルトレックスを

茶色の錠剤と瓶

性行為によって感染する可能性のある性感染症のなかでも、性器ヘルペス感染症は、割とポピュラーなものといえます。
性器ヘルペス感染症にかかった場合、性器の周囲に小さな突起ができ、その突起には膿がたまるようになり、しばらくすると破裂して、ただれが生じるようになります。
この突起のある部分はかなりの痛みをともなうというのも、性器ヘルペス感染症の特徴であるといえるでしょう。
病院を受診した場合のヘルペス検査の方法というのは、いくつかのものが考えられます。
たとえば突起のある部分の細胞をサンプルとして採取して、ここにヘルペスウイルスがひそんでいないかどうかを確認するといった方法は、患者にとってみると簡単で、結果が出るまでの時間もかからないものです。

この検査によって、ヘルペスウイルスの陽性反応が確認された場合ですが、抗ヘルペスウイルス薬の投与によって、治療にあたる必要があります。
抗ヘルペスウイルス薬としては、バルトレックスとよばれる医薬品が知られており、その有効成分が体内にとりこまれると、ヘルペスウイルスの増殖を抑制するため、症状が緩和されるようになります。
バルトレックスは錠剤タイプのものを処方されるのが普通ですので、自宅で治療に専念することができます。
ただし、ヘルペスウイルスというのは、症状がある程度おさまった後であっても、体外に出たり、完全に死滅してしまうようなことはなく、まだ体内にひそんでいる状態であると考えたほうがよいものです。
そのため、体調不良などの時期になると、とつぜんヘルペスが再発してしまうということが多いものです。
あまりにも頻繁に再発するようであれば、バルトレックスを予防目的で投与されることがあります。

関連記事