再発性の高いヘルペスは、いつ再発するかわからない点も怖いところです。再発を防止するためにもバルトレックスを手元に置いておきましょう。

  • ホーム
  • バルトレックスを自宅に備えておくと便利

バルトレックスを自宅に備えておくと便利

多様なカプセル

ヘルペスウイルスによる疾患で悩んでいる人は非常に多いです。
再発するケースが多く、体調を少し崩すと、すぐにヘルペスウイルスが悪さをしてくる方もいます。
そんなヘルペスウイルスを抑えてくれるのが、バルトレックスという薬です。
主成分は「塩酸バラシクロビル」というもので、バルトレックスは販売名となります。
製薬大手、グラクソスミスクライン社から販売されています。
ヘルペスウイルスが原因の疾患の主なものは以下の通りです。

  • 単純疱疹
  • 帯状疱疹
  • 性器ヘルペス
  • 口唇ヘルペス
  • 水痘(水ぼうそう)
  • カポジ水痘様発疹症

いずれも患部に水疱ができ、場合によってはピリッとした神経痛を伴うこともあります。
特に、カポジ水痘様発疹症は発症した後、早めに対処しないと瞬く間に全身に広がり、入院治療を受けなければないケースもあります。
早めに医師の診察、処方を受け服用することにより、これらの煩わしい症状から回復することができます。
ヘルペスウイルスが引き起こす疾患は、再発する確率が非常に高いです。

服用方法、日数などは必ず、医師や薬剤師の指示に従わなければなりませんが、指示の通りに服用した結果、錠剤が残る場合は、手元に保管し、備えておくと良いでしょう。
明らかに以前かかったヘルペスウイルスの疾患と同じ症状が出たときは、早めに手持ちのバルトレックスを服用するというのは有効です。
そのあと、必ず診察を受けましょう。
バルトレックスは非常に大きく、大人でも飲みにくいサイズであり、薬価も他の薬剤に比べると非常に高いというデメリットがあります。
しかし、それよりも期待できる効果は大きいです。
ヘルペスウイルスによる疾患で苦しまないためにも、余ったバルトレックスは捨てずに、手元に置くことをおすすめします。

関連記事