再発性の高いヘルペスは、いつ再発するかわからない点も怖いところです。再発を防止するためにもバルトレックスを手元に置いておきましょう。

  • ホーム
  • ウイルスを増加させないバルトレックスは意味がある

ウイルスを増加させないバルトレックスは意味がある

バルトレックスは、体内に入って悪さをしているウイルスに対して強力に作用することが期待できます。
効果があるのは主にヘルペスウイルスで、単純疱疹や帯状疱疹、水痘の治療に用いられるほか、性器ヘルペスの再発抑制にも使うことができます。
塩酸バラシクロビルという有効成分がウイルス増加を防ぐことに役立ちます。

治療した後でもヘルペスウイルスは完全になくなることが無く神経根などに潜伏しており、ストレスや疲労、老化などによる免疫力の低下がみられると再び活動が活発になってしまう懸念があります。
医師に処方された薬をきっちりと飲みきることが大切で、継続使用する期間を減らすと意味がなく、体に発疹などの症状が見られなくなったからと個人の判断でやめてしまうとすぐに再発してしまうことがあります。

痛みや痒みなど違和感が出始めた早期にバルトレックスを飲むようにすれば状態を悪化させずに済むため、性器ヘルペスを一度発症したことがある人が再発抑制として利用することは意味があります。
再発しないためには最低でも8週間、最大で1年間飲み続けることで効果が期待できます。
症状が発症しているときと、抑制のために飲む場合には用量や用法が違ってくるので、医師の指導のもと服用すると良いです。

ウイルスの増加を防ぐため、バルトレックスを飲むときには食前や食後どちらでも作用が働きますが、体に負担をかけずに作用してほしいのであれば食後の方が良いです。
食べ物と一緒に消化されると、バルトレックスの成分が胃を荒らしてしまう心配がなくなります。

高齢者や腎臓の機能障害がある人は、慎重に服用する必要がある薬です。
薬の副作用として下痢や腹痛、頭痛やめまい、発疹などがあり、アレルギーがある人は重篤な症状になることがあります。

関連記事